インプラントの寿命:歯科医が解説する真実と長持ちさせる秘訣のアイキャッチ
デンタル

インプラントの寿命:歯科医が解説する真実と長持ちさせる秘訣

失った歯を補う治療法として、近年注目を集めているインプラント。

しかし、「インプラントは本当に長持ちするの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、歯科医がインプラントの寿命についてわかりやすく解説します。

また、インプラントを長持ちさせるための秘訣もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

インプラントの平均寿命

インプラントの平均寿命は、一般的に10~15年と言われています。

しかし、これはあくまでも目安です。

個人の口腔内の状態やケア方法によって大きく左右されます。

インプラントの残存率は、以下の通りです。

  • 5年後: 約95%
  • 10年後: 約90%
  • 20年後: 約70%

このように、インプラントは適切なケアを行えば、20年以上長持ちさせることも可能です。

インプラントの寿命を縮める原因

インプラントの寿命を縮める主な原因は以下の通りです。

歯周病

歯周病は、インプラント周囲炎を引き起こします。

インプラントの脱落につながる可能性があります。

喫煙

喫煙は、歯周病のリスクを高めます。

インプラントの寿命を縮める可能性があります。

噛み合わせ

適切な噛み合わせではないと、インプラントに過剰な負担がかかります。

寿命を縮める可能性があります。

定期検診の怠り

定期検診で適切なメンテナンスを受けないと、インプラント周囲炎などのトラブルが発生しやすくなります。

セルフケア不足

毎日のブラッシングやフロッシングを怠ると、歯垢や歯石が溜まります。

インプラント周囲炎などのトラブルが発生しやすくなります。

インプラントを長持ちさせる秘訣

インプラントを長持ちさせるためには、以下の点に注意することが大切です。

  • 歯周病の予防: 定期的に歯科医院で歯周病の検査を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。
  • 禁煙: 喫煙はインプラントの敵です。禁煙することで、インプラントの寿命を延ばすことができます。
  • 適切な噛み合わせ: 噛み合わせが悪い場合は、歯科医院で矯正治療を受けましょう。
  • 定期検診: 3~6ヶ月に一度、定期検診を受け、インプラントの状態をチェックしてもらいましょう。
  • セルフケア: 毎日のブラッシングとフロッシングを丁寧に行い、口腔内を清潔に保ちましょう。

インプラントは、適切なケアを行えば、10年以上、場合によっては20年以上長持ちする可能性があります。

インプラントを長持ちさせるためには、定期検診を受けましょう。

セルフケアをしっかり行うことが大切です。

インプラント治療を検討されている方は、ぜひ歯科医院で相談してください。

自分に合った治療計画を立てましょう。

※この記事は、あくまでも一般的な情報提供を目的としたものです。

個々の症状や治療方針については、必ず歯科医にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です